最愛の家族のためにできること|心を込めた葬儀を

男性

人気を集めている葬儀形態

お花

大阪府にある柏原市では、葬儀形態として家族葬を選ぶ人が多いです。家族葬と言うのは、故人の家族や親族のみが参列する葬儀の事です。友人や会社の同僚等は参列しないので、葬儀費用を抑えられます。また、参列者への対応等の負担も軽減できる利点があります。

詳細

独創的な葬儀が多い

式場

オーダーメイド葬式は、昨今、大阪府の八尾市で人気を集めています。この葬式スタイルは、故人の意思に合わせて自由に葬式を行う事です。たとえば、故人が好きだった曲を流したり、裁断に綺麗な花を飾ったりします。

詳細

故人の部屋を整理する

ダンボール

人が亡くなった後はやらなくてはならないことがたくさん出てきますが、遺族にとって意外に大きな負担となるのが遺品整理作業です。故人が賃貸住宅に住んでいた場合は急いで部屋を空ける必要があるので、遺族は大変な思いをすることになります。そのため、宝塚市では多くの人が遺品整理業者を利用しています。

詳細

家族が亡くなったばあい

お葬式

安置場所へ搬送する

家族が大阪の病院で亡くなったときに、やるべきことがいくついかあります。まず葬儀を行うため生前に決まった葬儀社が、ある場合は臨終になったことを連絡します。決まったところがないときは、どこかに決めなければなりませんが、この場合先に病院から安置する場所に搬送することが必要です。そして亡くなった直後に行う末期の水の儀式は、病院が用意してくれる場合がほとんどなので指示に従いましょう。そのあとに看護師が故人の体に処置をしてくれますが、これは葬儀のために行う湯灌とは違い最低限必要なものになっています。また書類としては医師が記載してくれる死亡診断書を受け取ります。これは死亡届を出すときに必要になってきます。搬送の依頼をしたあとは病院に迎えに来てくれるため、故人を自宅か安置する場所へ運びましょう。これらが大阪で家族が亡くなったときに、やるべきことになります。

長い間営業を続けている

大阪でも住んでいるところを担当している葬儀社が数社、あります。その中で良いところを選ぶことが重要です。基本的に大阪などでも長い間営業を続けているところは、住民から信頼を受けている可能性が高くなっています。もちろん長く営業しているところが全部良いわけではありません。しかし一度葬儀を行った家族の口コミは親族に対して影響力があるため、長く続いている葬儀社は、それなりに信用があるのです。そして対応の仕方が悪い葬儀社が多い中、このような葬儀社は電話での質問や細かい相談にも快く対応してくれるのが特徴になっています。まずは、これらのことを念頭に置いて、見積りの明細や祭壇の種類などで決めていくことがよいでしょう。